ギターの製作をお願いしています。ストークギターラボ様

昨年は病で1/4年を過ごしました。その際に心の平穏を護ってくれた物は、愛する人であったり猫達でしたがギターもその中で重要な物でした。特にナイロン弦のギターは重要で、右手の爪 左手の指先に音が沁み入る感覚と耳に伝わる音に癒されていました。既にライブから遠のき人前で弾く機会も少なくなりましたが、自身がギターを弾く価値を自問した時に、愛する人と自分の為に弾きたいという結論が朧げに見えて、今回の病の時にそれは確信となりました。そして、ある時に大好きなフラメンコギタリスト Livio Gianolaの音に憧れ、自分の為にだけ弾く特別なギターが欲しくなり、8弦ギターの製作を依頼する事を考えました。

そして、製作者を探しているとき、以前からサイトは拝見していた製作者を思い出し、その方の製作の記事を読むほどに、ギター製作に対する想いが何となく伝わった気がして、その方に依頼する事に決めました。それが、ストークギターラボさんです。
いま、図面を描いて頂いています。完成はまだまだ先ですが、生涯弾き続けられる楽器と出会える事を楽しみにしています。


[PR]
by NO-ZONE | 2015-01-23 00:02 | ★戯言 | Comments(0)